名機SP-404(SX)を使いこなせ!

SP404_SX

イントロダクション

日本の大手電子楽器メーカーRolandから2005年に発表されたサンプラー「SP-404」、2009年に発表された後継機「SP-404SX」はSDカードによる大容量化と高音質化が遂げられました。
本来はDJブースでMIXを盛り上げる援護射撃的なサンプラーだったはずなのが、近年DJのデジタル化が進み、そのようなサンプラー機能は全てソフトウェアに内包されてしまいました。

しかし、SP-404SXは時代とともに衰退していくのではなく、現代ではいろいろな場面で使われ方を変えて活躍し続けているのです。今回の丸いブログでは、名機SP-404SXが特にこの数年注目されている使用例を紹介していきます。

《その1》舞台の「音入れ」や「ポン出し」

舞台は一瞬の間が命とり

SP-404SXでは予め各ボタンにアサイン(音素材の入力・割り当て)しておくことで、音響担当の方が舞台でリアルタイムに”音入れ”を行うことが可能です。

ボタンを押せば素早く遅延なく反応してくれることが人気の理由です。ベロシティ(押す加減で強弱をつける)設定がない分、誰でも安定して同じ”音入れ”が可能なのです。

音響担当の方にとってもリハの段階でアーティストの音源を登場順にアサインしておけば、本番の”ポン出し”もとてもスムーズですね。

リアルタイムなBGM、効果音再生が重要な舞台演劇やイベントなど業務用途での使い勝手を向上しました。(SP-404SX公式ウェブサイトより)

演劇やコント、ダンスパフォーマンスから結婚式二次会など、幅広く現場で使われています。

《その2》サンプリング – アイディアを素早く形に!

さて、ここからがSP-404SXの本領発揮です。

SP-404SX愛好家であるYubin Lee氏はレコードからサンプリングした楽曲をアップロードしています。日本の童謡をオーケストラアレンジしたコンピレーションLPを掘り当てたそうです。童謡「春の小川 – Haru No Ogawa」をサンプリングしたこのメイキングビデオをどうぞ。

SP-404SX hip hop beatmaking 2016 (unknown,2016)

私たち日本人にとって聞き慣れた上ネタ(メロディ)をChop & Flip(チョップ&フリップ)* まだまだ荒削りではありますが、オリエンタルなHipHopビートに生まれ変わりましたね!

まるで南アフリカの音楽 / 映像クリエーターのPOGOのようなサンプリングセンス!

Wishery | Pogo (South Africa,2010)


ドラムパターンをよりリアルタイムに演奏していくなら、MaschineやMPCなど、ベロシティ機能(押す加減で強弱をつける)や、シーケンス機能(素材をバラして組み立てる)が強いドラムマシーンもあった方が便利かもしれません。さらに立体的で念密に作り込むならAbleton LiveなどのDAWソフトは必要だと思います。


しかしながら、SP-404SX一台だけでも十分気持ちの良いループを作ることができるのです。

SPシリーズの火付け役はMADLIBでしょう。
Ad-Lib(アドリブ-即興)の頭文字に”M“が付いてMAD(マッド ー 狂った)
この動画はまだ若かりしMadlib(当時34歳)がレコードからループの場所を探している様子。

*MADLIBはSP-303(SP-404の前身モデル)を愛用

Madlib in Brasilintime(US,2007)

2007年に発表されたドキュメンタリー映画brasilintime(ブラジルインタイム) の一場面。Madlib、Cut Chemistら西海岸勢がブラジルミュージシャンと交流を描いたドキュメンタリー。全編はこちらから(英語)

PCを介さずにハード1台だけで素早くビートメイキングできることがSP-404SXの魅力。創作テンションを保った状態で完結できるのです。レンダリング時間が長いとインスピレーションが逃げてしまう可能性もあります。

ツマミとパッドでループを直感的に調整することで、逆に自分のインスピレーションを誘い出し、自分が心地良い、何時間でも聞いていられるというループが作りやすいのです。

ループミュージックは個人のクリエイト能力を超えてしまうことに面白さがある。」(宇多丸、第三会議室Gangstarr特集より【2008年放送】

サンプリングこそSPシリーズの真骨頂!

【コラム】”Chop & Flip – チョップ&フリップ”とは?

ブラックミュージックの最高峰ー「HIPHOP
80年代から始まったこのカルチャー。80年末にあるバッシング現象がありました。
それはサンプリング元がヒップホップ楽曲を告訴しだしたことです。

これを跳ね返したのがDJ PREMIER(プレミア)from Gang Starr
「チョップ&フリップ」という手法でサンプリングソース(元ネタ)を最小単位にチョップ(カッティング)して、それを組み替えて振り分ける(フリップ)ことをしたのです。

もちろん、理由は元ネタをわかりにくくさせるため。さらに短いサンプリング時間をループさせることで「メロディ」ではなく、「音の響き」で聞かせるという視点が誕生しました。これがまさに”HIPHOP黄金期”と呼ばれる時代の幕開けです。

ミニマムループが確立されたGangstrarrの2nd Album – Daily Operation【US,1992】

その後、93,94年とPREMIERサウンドに「チョップ&フリップ」が洗練されていきます。

DA KING & I “Flip Da Scrip (Dj Premier Remix)” (US,1993)
《Sampling Source》The Jazz Crusaders Rubie P’Gonia (US,1969)

Gang Starr – Mass Appeal(US,1994)
《Sampling Source》Vic Juris – Horizon Drive (US,1980)

権利を免れるためのチョップ&フリップはサンプリングミュージックの歴史を大きく前進させた新しいクリエイティビティ技法だったのです。

サンプリングで音楽を作るルール

『コピーライト・クリミナルズ~音楽は誰のもの?』 予告編(US,2009)

2009年に発表されたドキュメンタリー映画Copyright Criminals(コピーライト・クリミナルズ)
De La Soul, Public Enemy, Q-burtらミュージシャンたちとサンプリング権利者側、弁護士などそれぞれの意見を描いたドキュメンタリー。全編はこちらから(英語)

しかしながら、日本において無断でサンプリングして楽曲制作するのはよろしくありません。現在JASRAC担当者によると「1秒でも無断でサンプリングして楽曲制作したらアウト」という見解。発表するときには十分注意しましょう!
参照元サンプリング”で音楽を作るルール
参考文献:Column | サンプリングを語る by RHYTHMER

正式にリリースする際は下記3つの権利処理を順番にクリアする必要があるそうです。

  1. 作詞者、作曲者(使用料は応談。認められない場合も。)
  2. 著作権(JASRACへ連絡。使用料は一律。〈JASRACが管理している場合〉)
  3. 原盤権(版権を持っているレコード会社へ連絡。使用料は応談。認められない場合も。)

クリアランスは個人の範疇を超えたプロセスなので、レーベルやレコード会社に所属した方が制作に没頭できるのかもしれません。

サンプリングに関しては立場によって賛否両論ありますが、流通の少ない超マイナーレコード(素材)を絶えずDiggi’nしたり、ICレコーダー片手に自然音を探されているクリエーター方々は心からリスペクトすべき存在だと思うのです。その時、SP-404SXの強力なエフェクト機能が曲作りをサポートするのは言うまでもありません。

《その3》強力で多彩なエフェクト機能

SP-404SXの魅力の一つに強力で多彩なエフェクト機能があります。

エフェクトの歴史について紐解くと、

【補正】ー ラジオ局放送でレコードの音量的でこぼこを一定の音量になるように調整したり、オーバーレベルでの歪みを抑えたり、AMラジオの送受信では高域や低域がカットされるので、そういう状態でリスナーが聴くことを想定して音をあらかじめ調整すること。

【演出】ー 今では普通にあるディレイやコーラスといったエフェクトも、当時は「こんな音にならないかな?」とミュージシャンと技術スタッフが協力してできたもの。『エフェクトテクニック基礎講座』より(サンレコ 2004年出版)

と記載されています。つまり、エフェクトには音の「補正」「演出」の二つの使用方法があるのです。

SP-404SXではレコーディングエンジニアのように、「自分が出したい質感」を3つのツマミ(【CUT OFF】【RESONANCE】【DRIVE】)で直感的に調節することで些細に渡って作り上げることができます。

その中でもアナログレコードのようなLo-fiヴィンテージ感(VINYL SIM【MFX16】)と、上ネタのサイドチェイン(COMP【MFX12】)は相性が良く、Boom Bap(ブーンバップ)なビートメイキングには欠かせないしょう。

Using SP-404SX Subsonic Effect to Fatten Up Drum Sounds(US,2014)

米国カリフォルニア,サンディエゴのビートメーカーSensori Collective氏によるエフェクト講座。キックがやや弱い(thin)ドラムループにSUBSONIC【MFX23】エフェクトを使ってキックに厚みをつけたドラムパターンを「補正」しています。参考になります!

Hiphop Sampling Tip – How To Create Madlib Bass Wobble Pt.2 [SP303](US,2017)

ここではMADLIBのようなWobble(ぐらつき)のあるベースをどのようにSPでクリエートしているのかについての講義。
1)C.CANCELER【MFX22】(センターキャンセラー)を使って中央定位を消し、低域の増強した後にボリュームを最大にあげた状態でリサンプリング。
2)EQUALIZER【MFX13】(イコライザー)で低域を最大に、中音と高音をゼロへ(LOWを5時、MID、HIGHを7時の状態)でリサンプリング。
3)TREMOLO【MFX6】(トレモロ)を使って意識に揺らしていく。

下地を作るときにかなり低域ブーストしています。ここまでくると「補正」というよりは「創作」。リサンプリング(エフェクト上塗り)を繰り返すことで音色がLo-fiやboomyになっていきます。

SP-303 Tape Echo(Tokyo,Japan,2013)

東京在住のクリエーターslvlog氏によるエフェクトによる「演出」。SP-303(SP-404の前身モデル)のTAPE ECHO【MFX2】

《その4》SP-404SXだけでDJプレイ!

今回一番紹介したい使用方法がこちら!SP-404SXだけでDJプレイが可能なのです。SDカード(32GBまで)を積めるようになったことで丸1曲分を1パッドにアサインできることが決め手。

米国西海岸ヒップホップを中心に、欧州のビートミュージックシーンでは欠かせない存在になっています。楽曲にSP特有のエフェクトがダイレクトにかけることができるので、聞き慣れた曲でもリアルタイムに加工していき、独特な”もたつき感”を出せるのがSP-404SXでDJをする一番のメリット。また豊富なエフェクトが繋ぎをサポートします!

Khryo • SP404 Live Set • LeMellotron.com(Paris,France,2014)

フランス人ビートメーカーKhryo氏のプレイ。 まるでSP-404SXが身体の一部のよう。
特にDELAY、ISOLATOR、DJFX LOOPER、REVERB【MFX1】などを駆使した中毒性ある30分セット!

How to Use the SP-404SX – Live Performances (Ohio,US,2016)

SP-404SXのチュートリアル動画をたくさん配信しているChop Magazineより。英語解説ですが、DelayReverb【MFX1】エフェクトを使って次の曲へカットインする方法を説明しています。本体上部の3つのツマミ【CUT OFF】 【RESONANCE】 【DRIVE】がそれぞれ、何時の位置から何時の位置へ回していくのかなど注意深く見てみましょう。

Weekend Beat Time – SP404 DJ Style Mixing (US,2017)

米国Youtubeチャンネル『Weekend Beat Time』のAlonsoよりSP404ミキシングのチュートリアル。DelayPitch【MFX21】などカットイン系から、ドラムミキシング系まで詳しく説明してくれています。15分ごろから色々と始まるのでチェック! 特に16:56から始まるPitch Down機能はカットインではかなり使えると思います!

Signs of the age – Natty Dub (sp404 sx live) (Torino,Italy,2015)

SP-404SXとMPCでの楽曲制作を心がけているイタリア人ビートメーカーのNatty Dub氏のプレイ。事前にChopされたピアノ和音と男性ボーカルが丁寧にFlipされた気持ち良い楽曲。DJプレイにも自分の演奏を挟むことでさらにLIVE感が生まれます。

まとめ

本来サンプラーであったものが時代とともに変化し、いろいろな使用方法がプレイヤーによって編み出されるのはとても興味深いですね。これが名機であり、定番機でもある宿命でしょうか。

RED BULL – Bwoy De Bhajan(Copenhagen,Denmark,2015)

Happy SP-404SX Life!!