【最も解り易い】アサラト講座 – 西アフリカ編 –

asalato_west_africa
アサラトは西アフリカのパーカッション楽器です。主にセネガル、マリ、ブルキナファソ、ガーナなどで生息するオンコバスピノサ(Oncoba Spinosa)の実が原産。

《ASALATO KHADIM Promotion Film》(Senegal,2013)

【概要】
西アフリカのパーカッション楽器 ― アサラト。
アサラト職人歴15年でセネガルを代表するアサラトプレイヤー・KHADIM(ハディム)は今日も上質な天然アサラト球とリズムを求めて、小舟で小島を廻りアサラト制作に­励みます。

本投稿では、アサラト発祥地である西アフリカでのプレイスタイルから学ぶことを目的としています。

リズムミカルで、荒々しく、時に祭儀的なスタイルは、われわれ日本人にとって学ぶべき対象だと思えるのです。ではさっそく、西アフリカ人の猛者たちを見ていきましょう。

【最も解り易い】アサラト講座 -西アフリカ編- Style 1

気だるいプレイに半端ないリズム感。(Senegal,2011)
音数に無駄がありません。ブレないリズムキープはアサラトが身体の一部のよう。

【最も解り易い】アサラト講座 -西アフリカ編- Style 1-2

 セネガル出身のスーパースター AKON – Don’t Matter を歌う。(Senegal,2011)
声も楽器の一部。

【最も解り易い】アサラト講座 -西アフリカ編- Style 1-3

セネガル出身のスーパースター AKON – Don’t Matter (Long ver)を歌う。(Senegal,2012)

【最も解り易い】アサラト講座 -西アフリカ編- Style 2-1

2009年にクラブヒットした IYAZ – Replay を歌う少年。(Senegal,2010)
途中でリズムと表情が変調しTouba Song (バイファール(Baye_Fall)賛美歌) へ。

その後、壁に当てリズムキープ。(Senegal,2010)
アスファルトに当てることでアタック音を増やしてよりパーカッショナブルな音へ。

上記2人のセネガル人によるアサラトスタイルは、フロップヘリ(下からのヘリ) で胸元にあてて低い音(バスドラム)を出したり、 口内で反響させ高い音を出し立体感をだしたりなど、身体全体を使ってドラムセットを再現するようなプレイが特徴です。

さらに特筆すべきことは、アーティストの方は唄を歌っていることです。歌声が主役の時は、アサラトは安定した小粋なビートを奏で、ドラムブレイクに入ると、突如アサラトが主役になる瞬間はたまらなくカッコ良いですね。

では、どのようにこのリズム感を身に付けるのでしょうか? 音楽を身体で表現することがごく自然な環境で育った西アフリカのリズム感を、習得することはできるのでしょうか?

現地で撮影したオンラインレッスンをアップしましたので、ぜひ共有させて下さい。
それでは一つずつ学んでみましょう。

asalato_khadim_ad

【最も解り易い】アサラト講座 -西アフリカ編- Lesson1

セネガル式 左右交互ハングフロップ基本動作(Senegal,2013)
【最も解り易い アサラト基礎講座】でハングフロップを習得した方は左右交互のハングフロップへ進みましょう。

Lesson動画のように、3段階のスピード(遅、普、速)を意識しましょう。難易度は遅い方が難しく、速い方が簡単です。ゆっくりしたスピードではっきりしたシェイク音とアタック音を奏でれるまで頑張りましょう。

前回講師のフランス人De Zeusさんによるハングフロップが「表のリズム」に対し、セネガル人Khadimさんによる左右交互ハングフロップは「裏のリズム」も内包していると言えるでしょう。

音楽史を遡れば、西洋が生み出したポピュラー音楽(バラード)を裏打ちで弾き直すことで黒人音楽のルーツである「ブルース」が誕生したと言われています。その後、Soul, Funk, Ska, Reggae, HipHopへと黒人音楽が発展しました。

「裏のリズムを意識すること」は黒人文化のパーカッション楽器を志すにおいてとても重要なことと言えます。これがセネガル式アサラト技法の基礎リズムとなるので、入念に練習しましょう。

【最も解り易い】アサラト講座 -西アフリカ編- Lesson2

セネガル式 – 玉当て (Senegal,2013)

次は右手(利き手)側でフロップヘリ(下からのヘリ)で、左手で構えるアサラトに当てるリズム。左手側は構えるだけでなく、シェイク音をしっかり出すことにも意識しましょう。また、下玉を小指で固定し、上玉が下玉にコンコンあたるように空間を作ります。右手の下ヘリはぶつけると言うよりも、こすらせる感覚から始めていきましょう。

動画では撮影できなかったのですが、慣れてくると当て具合によって音の変化が表れます。

当てられるアサラトを密閉することでシェイク音がシャープな小刻みな音(Closed Snare – 低いスネア
当てられるアサラトを解放することでシェイク音に広がりのある破裂音(Open Snare – 広がったスネア

なお、利き手によるフロップヘリは単独で練習しておきましょう。

参考技法 – フロップヘリ(Japan,2008)  – <Respect to hizakozouさん>

【最も解り易い】アサラト講座 -西アフリカ編- Lesson3

セネガル式 – 障害物当て(Senegal,2013)

さて、最後は障害物当てです。これはハングフロップで周囲のモノにどんどん当てていくだけなので、そこまで難しくありません。左右交互に壁当てしてグルーヴ感を作り上げていくのはとても楽しいです。

野外でプレイする方は360度見渡し、周りにどんな材質のものがあるのか確認して、アサラトで当てましょう。地面やバケツ、缶ジュースやペットボトル、ビニール袋、周囲にあるものが音の違う楽器に変わるのです。

動画では少年が鉄筋コンクリートをグロッケン(鉄琴)のように扱いリズムキープしています。
障害物当てはストリート感もあり、アサラト発祥ならではのCoolな技法だと思います。

注意1凹凸があるものに当てるとアサラトが破損する可能性が高まるので、平面や球面のものに当てましょう。
注意2必ず周囲の許可をとってから当てましょう。公共物や私物を壊してはいけません。

Insane Street Musician in Washington D.C. (US,2007)
米国ワシントンD.C.のストリートドラマー。ドラムの原点。

【最も解り易い】アサラト講座 -西アフリカ編- 応用セッション編

Khadim師匠によるデモ演奏。(Senegal,2013)
首からぶら下げているCaxixi (カシシ)に毎小節ぶつけてシェイク音が際立つことで、音がより立体的となり、強靭なGrooveが生まれています。

【最も解り易い】アサラト講座 -西アフリカ編- Mika師匠編

Mika師匠のアサラトレッスン (Senegal 2012)
さて、今までの総集編です。別途、口内反響(3m14s~)についてもミカ師匠が詳しく教えてくれています。(Respect to Yoshiさん&Mikaさん

【最も解り易い】アサラト講座 -西アフリカ編- Mika師匠編

Mika師匠のソロプレイ (Senegal 2012)

【最も解り易い】アサラト講座 -西アフリカ編- Messi師匠編

2013年、Messi師匠によるセネガルで旬なリズム。(Senegal,2013)

【最も解り易い】アサラト講座 -西アフリカ編- Messi師匠編

Messi師匠によるデモ演奏。(Senegal,2011)
セネガルスタイルに玉当てやデンデンなどを応用して、オリジナルビートを刻んでいます。

まとめ – 比較文化 –

アサラト先進国の日本では職人気質で丁寧かつデリケートなプレイが多いのに対して、アサラト発祥国の西アフリカでは遊び心があり、自然に身体が揺れる怠惰さ。また時に儀式的で荒々しくもあるプレイが見受けられます。

同じアサラトでも各民族に渡ることで、地域性や文化が色濃く表れるのはとても興味深いです。
シンプルなだけに遊び方も様々!本当に奥深い楽器だと実感します。

Khadim 2015 on street (West Africa,2015)

以上、【最も解り易い】アサラト講座 – 西アフリカ編 –でした。
みなさんのプレイの参考になれば嬉しいです。


Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0